あわやまりあわやまり

プロフィール

あわやまり

神奈川県横浜市生まれ。
法政大学社会学部中途退学、NGOが企画する地球一周の船旅に参加。 その後、 阿佐ヶ谷美術専門学校視覚情報デザイン科卒業。


2003年 「隣の隣の大男」で神奈川新聞文芸コンクール 現代詩部門で最優秀賞受賞。
2011年 ベップヒロミ氏との共作絵本「つぐみちゃんのゆめ」が「37回 東京展」にて優秀賞受賞。


2008年~2016年「ひらく堂」という、本を軸にした作家グループでの活動する。


自分で書いた詩や物語を本にし、展示、販売する他、ポエトリーリーディング(詩の朗読)の活動も行っている。
2014年「空をぬる」、2015年「綿毛が飛んでいく」~「忘れものはないかな?」、2016年「あなたにまた逢えるように」、2017年「いつまでなんだ」と言う詩が、津布楽杏里さんの作曲により合唱曲になる。
グループ展、イベントなど、多数。

[出版本]

詩集
  • ★「ぼくはぼっちです」(たんぽぽ出版)
  • ★「傘から、ぽろぽろ」(志木電子書籍)

アンソロジーの詩集に詩を載ったものなど
  • ★「子どもといっしょに読みたい詩100 第2集」(たんぽぽ出版)
  • ★「子どもといっしょに楽しむことばあそびの詩100」(たんぽぽ出版)
  • ★「一編の詩があなたを強く抱きしめる時がある」(PHP研究所)
  • ★「恋日和」(PHP研究所)
  • ★「(中高生とよみたい)日本語を楽しむ100の詩」(たんぽぽ出版)
  • ★「ステキな詩に会いたくてー54人の詩人をたずねてー」水内喜久雄著(小学館)
  • ★「続・一編の詩があなたを強く抱きしめる時がある」(PHP研究所)
  • ★「子どもといっしょに読みたい いのちをみつめる詩」(たんぽぽ出版)
  • ★「小学生で出会っておきたい55の言葉」覚和歌子編(PHP研究所)
あわや写真
展示・イベントの詳細はこちら

ページの先頭へ