あわやまりあわやまり

詩

2019-03-03

「かみ」

かみをかいにいく

しをいんさつするために

かみはおもたい

ずっしりと、おもたい

ビニールぶくろもやぶれそうだ

 

それにしをいんさつする

なおしてはまたいんさつする

それがかさなりかさなり

さんじゅうさつめのファイルに

なるころだ

 

これをだれがよむんだろう

これをだれがよんでくれるんだろう

とおもいながらも

わたしはきょうも

かみにしをいんさつして

ファイルにとじる

 

ふかくじつなせかいで

たしかなたいせつなものが

じぶんがしんじているものが

そこにあるんだと

じぶんをあんしんさせるように

だれかにとどくように

いのりながら

 

(c) Mari Awaya 2019

「秋美」vol.31より

もっと読む
詩集線香花火のさきっぽへ
twitterへ
Instagramへ

作品

夜にはなると、ぽこぽこと

詩集と絵本・物語はパラパラめくって読んでいただけます

詩集へ

作詞をした合唱曲、歌曲も聴けます

音楽へ
オンラインショップへ お仕事お受けします

ページの先頭へ