あわやまりあわやまり

詩

2019-03-19

「着陸」

着陸しようとする飛行機
ノイズの混じった
画面に映し出される
滑走路

 

そこに向けて
まっすぐ
降り立とうと
高度を下げていく

 

きっと
わたしが生まれてくるときも
こんな感じに
どこからか
なにかを、目印に
なにか、使命を持って

確かに
この世界に
降り立ったのだと思う

 

 

(c) Mari Awaya 2019

秋美Vol31より

もっと読む
詩集線香花火のさきっぽへ
twitterへ
Instagramへ

作品

夜にはなると、ぽこぽこと

詩集と絵本・物語はパラパラめくって読んでいただけます

詩集へ

作詞をした合唱曲、歌曲も聴けます

音楽へ
オンラインショップへ お仕事お受けします

ページの先頭へ