あわやまりあわやまり

詩

2018-07-22

「ちいさなお皿でもいい」

ないってことを いしきすると

ないってことで

あたまがいっぱいになって

ない ない ない

があたまにいっぱい

 

ありすぎることを きょうふにおもうと

ありすぎるってことが

あたまをせんりょうして

たいへん たいへん ありすぎる

であたまがいっぱい

 

どのときも

あたまがいっぱいだと

はんたいのことを

想像することができない

 

ないにおびえているときは

あることを

ありすぎるにふあんなときは

それがへっていくことを

あたまのなかのテーブルの

ちいさなお皿ぶんくらい

想像できれば

テーブルクロスがパッとひかれて

ちがうけしきがみえてくる

 

 

(c) Mari Awaya 2018

もっと読む
詩集線香花火のさきっぽへ
twitterへ
Instagramへ

作品

夜にはなると、ぽこぽこと

詩集と絵本・物語はパラパラめくって読んでいただけます

詩集へ

作詞をした合唱曲、歌曲も聴けます

音楽へ
オンラインショップへ お仕事お受けします

ページの先頭へ