あわやまりあわやまり

詩

2019/07/07

「もう糸は結ばれた」

誰にも必要とされていない

と思うとき

どこかで誰かが

誰かを心から愛したい

と願っている

 

その想いだけは

風に乗って行って

空で手を握り合って

よし、私たち

きっといつか会おう

なんて約束している

きっとね

 

 

(c) Mari Awaya 2019

2019/06/27

「もしかしたら」

わたしたちは

あらゆる感情というものを

生まれる前から知っている

けれど

この世に生まれるときに

それをすべて忘れてしまう

 

だから

生きながら

いろいろな感情を持ち

もう一度

知っていくのかもしれない

 

つまり

こんな感情を

抱いたことが

はじめてなのに

せつないほど

くるしいほど

なつかしいのは

そういうことなんじゃ

ないだろうか

 

 

(c) Mari Awaya

私家版「夜になると、ぽこぽこと」より

2019/05/06

「記憶クッキー」

初めて来た町を歩いていて

疲れきったところに

小さな洋菓子屋さんを見つける

今日はぐるぐると知らない道を歩き

足は痛いし腰も痛いし

くたくただ

 

丸いテーブルがふたつ

そのひとつに座った

紅茶しか頼んでいないのに

それを飲んでいると

パティシエらしいおじさんがやって来て

 

クッキー、よかったらどうぞ

とクッキーを二枚乗せた

小さなお皿を置いて行った

 

そのクッキーを

ひとくち、ふたくち食べ

一枚食べ終えると

何か忘れていることがあるように

思い始めた

もう一枚食べると

その思いは一層ふくらんで

何を忘れているのか

一生懸命考えるが

思い出せそうにない

 

紅茶もなくなって

あたりも暗くなってきて

お会計をしようとした時

焼き菓子のところに

「記憶クッキー」

と言うのが並んでいた

 

さっきのおじさんが

レジに立っていたので

 

あの、このクッキー

さっきいただいたのですか?

と聞くと

 

いや、あれはちょっと違うのです

まだ試作中のものでして

と微笑む

 

この、記憶クッキーって

どんな味ですか?

と聞くと

 

それはですね

全部食べ終えると

欲しい記憶が

自分の中に蘇るんです

生まれる、と言っても

いいかもしれません

つまり

本当に体験したことでも

そうでなくても

自分の中にね

 

そんなこと

あるんですか?

 

ええ

例えば、その記憶があるから

元気に

自信を持って

前を向いて

生きて行かれるようになる

みたいなことです

 

本当に?

 

本当かどうかは

どうぞご賞味ください

と微笑む

 

私は記憶クッキーを

一袋買った

 

その洋菓子屋さんの場所を

誰にも教えていない

何度かあの町に行っては

探したけれど

見つけられなかったのだ

私は今でもたまに

あの町に行っては探している

「記憶クッキー」を売っている

洋菓子屋さんを

 

 

(c) Mari Awaya 2019

2019/03/19

「着陸」

着陸しようとする飛行機
ノイズの混じった
画面に映し出される
滑走路

 

そこに向けて
まっすぐ
降り立とうと
高度を下げていく

 

きっと
わたしが生まれてくるときも
こんな感じに
どこからか
なにかを、目印に
なにか、使命を持って

確かに
この世界に
降り立ったのだと思う

 

 

(c) Mari Awaya 2019

秋美Vol31より

2019/03/03

「かみ」

かみをかいにいく

しをいんさつするために

かみはおもたい

ずっしりと、おもたい

ビニールぶくろもやぶれそうだ

 

それにしをいんさつする

なおしてはまたいんさつする

それがかさなりかさなり

さんじゅうさつめのファイルに

なるころだ

 

これをだれがよむんだろう

これをだれがよんでくれるんだろう

とおもいながらも

わたしはきょうも

かみにしをいんさつして

ファイルにとじる

 

ふかくじつなせかいで

たしかなたいせつなものが

じぶんがしんじているものが

そこにあるんだと

じぶんをあんしんさせるように

だれかにとどくように

いのりながら

 

(c) Mari Awaya 2019

「秋美」vol.31より

2018/12/31

「ただひとりのわたし」

あのときの

秘密を打ち明けてくれた

一緒に星を眺めた

あなたは

もういない

 

あのときの

嬉しくてどきどきして

星に祈っていた

わたしも

いないのだから

 

この世界で

時が経つことの

なんと理不尽なことか

なんと有難いことか

 

たった今

世界でただひとり

人生でただひとりの

わたしは

一秒前のわたしに

キスをして

ありがとうを言う

 

詩集「線香花火のさきっぽ」より

(c) Mari Awaya

2018/07/22

「ちいさなお皿でもいい」

ないってことを いしきすると

ないってことで

あたまがいっぱいになって

ない ない ない

があたまにいっぱい

 

ありすぎることを きょうふにおもうと

ありすぎるってことが

あたまをせんりょうして

たいへん たいへん ありすぎる

であたまがいっぱい

 

どのときも

あたまがいっぱいだと

はんたいのことを

想像することができない

 

ないにおびえているときは

あることを

ありすぎるにふあんなときは

それがへっていくことを

あたまのなかのテーブルの

ちいさなお皿ぶんくらい

想像できれば

テーブルクロスがパッとひかれて

ちがうけしきがみえてくる

 

 

(c) Mari Awaya 2018

2018/07/03

「点」

今わたしのたましいは

どこらへんにいるのか

わたしの人生は

たましいにしてみれば

ひとつの点だ

 

宇宙のなかで

その点をつなぎ合わせて

生きたり還ったりする

 

その線が向かうところを

知らないけれど

もしかしたら

最初の点に

還ったりするのかもしれない

 

 

(c) Mari Awaya 2018

*11月に出版予定の詩集からこぼれた一編です。

2018/06/08

「えんぴつを削る」

昔はえんぴつを

ナイフやカッターで削った

「えんぴつ削り」はもうあったけれど

わたしでさえ

学校でそれを習った

 

父さんや母さんは

小学生の頃とか

学校から帰ってきて

明日の準備で

えんぴつをナイフみたいなもので

削っていたに違いない

 

自分が誰かの

父さんや母さんになるなんてこと

まだ考えもしないで

遊んでいた頃

 

父さんはぶきっちょだから

きっとえんぴつも

きれいには削れなかっただろう

母さんは器用だから

きれいに削ったと思う

それは見られなくてもいいけれど

明日使うえんぴつを削りながら

そのときの父さんと母さんが

どんなことをを思っていたか

ちょっと知りたいと思う

 

 

(c) Mari Awaya 2018

2018/05/16

「ため」

いきおいよく

とびだすため

ためはひつようだ

それがたとえ

ひとには

ぐうたら

のんだら

どっすり

しているように

みえても

 

ため

ばねの

いちばんちいさいから

いちばんおおきいまで

とべるように

できる

 

だからこうして

ぐうたら

のんだら

どっすり

しているのも

そのためさ

 

 

(c) Mari Awaya 2018

ページの先頭へ

ページの先頭へ