あわやまりあわやまり

詩

2017/11/03

「一年前のつらいこと」

夕暮れどき
雨戸を閉めようとしたら
天狗が持つような葉っぱの下に
あめあめこぞうが立っていた

 

あ、久しぶりだね
私が話しかけると

 

うん、また来たよ
この前のこと、まだつらい?
と聞く

 

私はふと考えてしまう
この前?
つらいこと?
そうだ
この子と前に会ったときは
つらいことを抱えていて
泣いてばかりいた
でもそれは 一年前のこと
今ではもう つらくない
あの痛みを懐かしく思うくらい

 

もうつらくないよ
時が流れるのって、すごいね
と私が言うと
あめあめこぞうはおかしな顔をして

 

そうかな すごいの?
よくわかんないけど
つらいのがたまっていくより
いいね
と言う

 

そして
またしばらく遊んでね
と言ってから
隣の庭に走って行った

 

きれいに咲いている
水色のあじさいが
わさわさっと揺れた

 

 

(c) Mari Awaya 2008
手製本「あわやまりのひとしずく」より

2017/11/03

「平日のオムライス屋」

本物か偽物か
はっきりさせたい
とわたしが言うとテルオくんは
へぇ、そうなんだ
とオムライスを口に入れてから言った

 

本物だと、どうなるわけ?
と言うので
本物だったら
胸張ってがんばって
生きていかれる
と答える

 

じゃ、偽物だったら?
そしたら
それでもがんばって
生きていかなきゃ

 

じゃあ別にはっきりさせなくても
いいんじゃない
それに
誰が決めるの
本物と偽物

 

どっかにいる誰か
本物がわかる人

 

それが誰か知ってるの?

 

知らないよ

 

じゃあ
はっきりさせようがないじゃない
ははは
とテルオくんは笑う

 

そうなんだけど

 

どっちでもさ
本物でも偽物でも
自分が思ったように
がんばって生きてれば
いいんじゃないの
仮にもしも
そういう判別があるとしても
もっと後から
ついてくるものかもしれないよ

 

わたしはオムライスの中にあるチーズを
フォークでのばしながら
そうなんだけどさ
とため息をつく

 

大丈夫
違う角度からみたら
みんな本物なんだから
そう信じてないと
生きていかれないんだから
ははは
とテルオくんは笑った

 

そして
でも僕はもし偽物でも
胸張って生きていくよ
と言って
もりもりサラダを食べた

 

 

(c) Mari Awaya 2008
手製本「あわやまりのひとしずく」「テルオくんとわたし」より

2017/11/03

「マグネット」

ベッドの上に
うつ伏せで
まるく
ちいさく
卵のようになって
地球にくっつく
小さなマグネットのよう

 

くっついていられるのは
生きている
私があるから

 

 

(c) Mari Awaya 2008
手製本「いくつもかの夜をめくった」、詩集「ぼくはぼっちです」より

2017/11/03

「水曜の睡魔」

水曜の夜は
なぜだか分からないけれど
八時くらいに眠くなる
そして眠ってしまう

 

もしかしたら水曜の夜には
知らない方がいい
なにかしらの事柄があって
(十時頃に悪魔の子どもが尋ねてくる、とか
可愛がっている近所の犬が狼に変身する、とか
部屋中にグリンピースがわいてくる、とか)
私はそれを第六感でキャッチして
自ら眠る体勢に
持っていっているのかもしれない

 

知らない方がいいことは
この世にいくつかある

 

 

(c) Mari Awaya 2008
手製本「いくつかの夜をめくった」より

2017/11/03

「電話のあと」

あなた 知らないでしょ
あなたとの電話切ったあと
私がやっていること
私 口が開かないから
しごく原始的な装置で
(木でできた大きな洗濯ばさみみたいので)
口を開くようにしているの

 

そんなことは
別に知らなくてもいいのだけどね

 

でもあなた 知らないでしょ
電話先に切られるの 嫌だから
いつも私から
じゃあねって言ってるの
もっともっと話していたいけど
ほら 口開くように
練習しなくちゃならないし
私から切るの

 

なんてね うそだけど

 

あなたの最後に言う
おやすみが
あの頃みたいに
毎日聞けたらなって思うよ

 

 

(c) Mari Awaya 2008
手製本「氷のラブレター」、詩集「あなたに好き、と言う以外は」より

2017/11/03

「Pancake!」

お好み焼きを焼くというので
私はホットケーキが食べたいと
ちょっと気取って
英語で言ったら
間違えて

 

I want to be a pancake!

 

私はホットケーキになりたい!

 

と言ってしまった

 

でもホットケーキは
ふわふわで温かくて
嫉妬も悲しみも
含んでいないだろうから
私はホットケーキに
なってもいいな

 

 

(c) Mari Awaya 2008
手製本「氷のラブレター」、詩集「あなたに好き、と言う以外は」より

2017/11/03

「青いインコ」

最近
朝方になると声がする
寝ぼけているので夢の中のことかと思うが
どうやら外から聞こえるようである

 

あんたのこと、
好きよ
一生、
好きよ

 

それを繰り返す
朝っぱらから
どんな人が言っているのだろうかと思うけれど
布団から出たくないので
またうつうつと眠りにつく

 

ある日
駅から十分くらいのところにある
コンビニの掲示板に
「ピアノ教室生徒募集」
「家庭教師やります」
の張り紙といっしょに
「探しています」
の張り紙を見つける

 

青いインコです
頭や肩にのります
名前はチュー吉です
よく言う言葉は
「あんたのこと、好きよ」
と書いてあった

 

おお、こいつが声の主か
と納得し
チュー吉の写真をしばらくながめて
連絡先をメモして帰った

 

夜寝る前に
明日の朝チュー吉を驚かせないよう
ベランダの雨戸をちょっと開けた
ベットに横になって

 

あんたのこと、
すきよ
一生、
すきよ

 

声に出して言った
頭に浮かんできた「あんた」は
私のことをすきにはなってくれない人

 

でも、
あんたのこと、
すきよ
多分ずっと、
すきよ

 

心の中で言って
電気を消した

 

 

(c) Mari Awaya 2007
手製本「氷のラブレター」、私家版詩集「あなたに好き、と言う以外は」より

2017/11/03

「しみ」

カーディガンにこぼした
お好み焼きのソースのしみが
かばんの中でしゃべるので
うるさくてたまらない

 

はやくとって
はやくはやく
はやくとって
はやくはやく

 

私はたまりかねて
カーディガンをとりだして
トイレへ行って
しみをごしごし石鹸で洗った
しみは
ふー、きえていくぅー
きえますよー
と小さいこえで言った
すこし落ち着いて
席にもどって
友達とぺちゃぺちゃしゃべっていたら
私の中に最近できた黒いしみも
だんだん、ちょっとづつ
小さくなっているようだった

 

はやくはやく
消えてほしいとは思うけれど
これはもう
ほかのことに集中するか
時の流れにまかせるか
するしかない
そうしていたら、じきに
この類のしみなんて
消えているのだから

 

ほーら、みてな
消えちゃうんだから

 

 

(c) Mari Awaya 2007
私家版「ぽちぽち、晴れ」より

2017/11/03

「ゆっくりと」

葉っぱが茶色くなって
カサカサになって
パリパリになって
こなごなになって
土になっていきました

 

今ある土も
長い時をかけて
葉っぱさんだか
お花さんだか
虫さんだか
わかりませんが
土になったんだなぁ
と思いました

 

人もそうやって土になりますね
私もいつか、なりますね
でもまだゆっくりと
まだゆっくりと、時をかけて

 

 

(c) Mari Awaya 2006
手製本「眠って眠って、春」より

2017/11/03

「まだ染まらないように」

遠くの橋の上を
一台のトラックが走っています
辺りは夕焼けで
だいだいに染まっています
あのトラックの中には
きっと明日が積まれている
あのトラックはそれを大切に
橋の向こうへ運ぶのです
だいだい色の世界の中を
まだ染まっていない明日を乗せて

 

 

(c) Mari Awaya 2005
手製本「日々のしずく」より

ページの先頭へ

ページの先頭へ