あわやまりあわやまり

詩

2017/11/15

「雨のことば」

急に降り出した弱い雨が
電車の窓に
詩を書いている

 

 

© Mari Awaya 2014

2017/11/09

「もし」

もし
とだけ
机に書いてある

 

続きを考える
もし、ここにいなかったら
もし、今日が十年前だったら
もし、私が私じゃなかったら
もし、ここが地球じゃなかったら
もし、生まれ変われるのなら

 

もし、聞いてくる
あなたはだれですか?

 

 

 

© Mari Awaya 2014

2017/11/09

「みんなにやさしい」

寒いのは
単純に
今日の気温が
低いせいだ

 

涙が出るのは
明確に
あなたが
やさしいからだ

 

ただ単純な
やさしさ
それ以上
私が望むものを
含まない
やさしさ

 

 

 

© Mari Awaya
詩集「あなたに好き、と言う以外は」より

2017/11/09

「らくたん」

幾度
らくたんすれば
わたしは
らくたんしなくて
すむだろう

 

らくたんするのは
期待しているからだ
心というものは
知らないうちに
かすかな期待あるいは希望を
持ってしまう

 

パラパラ パラパラ
らくたんが落ちていく
バラバラ バラバラ
粉々になって
ヒラヒラ ヒラヒラ
そのうちに軽くなって
らっかんしてみられるように
なるかもしれない

 

 

 

© Mari Awaya
「みんなの詩集 夢ぽけっと2014秋号」より

2017/11/09

「そういう人がいるんだから」

悪意のない
無関心から発せられる
不躾な質問は
日常の中に、結構存在して

 

その質問に
傷つく人のいることを
想像すら出来ない人も
世の中に、なかなかいる

 

 

 

© Mari Awaya 2014

2017/11/06

「足跡スタンプ」

ここまで来るのに
どんな道を通ったのか
誰にもわからないだろう
たくさん 歩いた
そのたくさんは
自分にしか分からない

 

歩いてきた足跡
それがスタンプカードにたまって
いっぱいになったら
目標に届く
夢が叶う
そんなふうに世の中は
できていない

 

けれど振り返って見る
足跡がついている
一歩ずつ残してきた足跡は
スタンプカードみたいに
たまったら終わりじゃない
それは一本の道をつくってきた
私にしか見えない 私の来た道
それはこれから進むべき道へ
私らしく歩いて行けるように
きっと 力をくれる

 

 

 

© Mari Awaya 2014

私家版詩集「夜になると、ぽこぽこと」より

2017/11/06

「月にひっかかった涙」

夜にうかぶ細い月に
私の涙がネックレスになって
ひっかかっている

 

いつ、ネックレスなぞに
なっただろう
昨日の涙は
たくさんあったから
長い長いネックレスになって
風をうけて
ゆらゆらしている

 

それにしても
月明かりを浴びて
キラキラしてきれいだ
哀しい涙だったのに

 

こうやって
見上げる人の中に
もし泣いている人がいたなら
ネックレスに涙つなげよう
一緒に月にひっかけておこう

 

次の新しい月が出る頃には
ほほえんで見上げられるように
今は、泣いておいて

 

 

 

© Mari Awaya 2014
「夢ぽけっと2014春号」より

2017/11/06

「するする」

するする書けるペンは
気持ちがいい
するする書けない
ペンの後に使ったのなら
なおのこと

 

するする するする
人生の難問も
とけて行ったら
気持ちいいか分からないけど
ちょっと
つまんなそうな人生になりそう
すーーーっと一直線だけしかない
そんな道に

 

 

 

© Mari Awaya 2014
「夢ぽけっと2014春号」より

2017/11/05

「どっちの中にも」

わるいことの後には
いいことがくる
いいことの後には
わるいことがくる
と言うけれど
これはほんと

 

でも実は
わるいことの中にいいことが
いいことの中にわるいことが
隠れていて
それが見えてくるだけ
なのかもしれない

 

 

 

© Mari Awaya 2008
「ぼくはぼっちです」「あわやまりのひとしずく」より

2017/11/05

「ぽっかり」

忘れた
ぽっかり
お月様
浮かぶ夜
ぽっかり
眠れない
眠れない
ぽっかり
忘れたこと
はっきり
思い出す

 

 

 

© Mari Awaya 2014

ページの先頭へ

ページの先頭へ