あわやまりあわやまり

詩

2019/09/29

「第六公園」

わたしの家に一番近い

第六公園には

ぞうとパンダの遊具があって

子どもの頃よくそれに乗って遊んだ

二頭は公園の入り口に向かって立っている

だから公園の前を通れば

いつも目が合う

 

わたしが中学生になっても

高校生になっても

雨の日でも雪の日でも

ぞうとパンダは公園にいた

たくさんの子どもたちの友達だった

 

思い出たちは

ぞうとパンダのように

わたしの中の隅っこで

いつもこちらを見ている

わたしが見ると目があって

あの頃の第六公園が現れる

 

そこにいたおばあちゃん

まだ若かった父と母

幼かったわたしと姉

砂場で作ったお団子

水飲み場で飲んだ水の冷たさ

こわくてのぼれなかったジャングルジム

ベンチの上の藤の花

つないで帰った手のぬくもり

 

 

(c) 2019 あわやまり

2019/09/28

「さようならこんにちわ」

僕の仕事は

毎日さようならをすることだ

 

夏になると

ここにはたくさんの人が来る

涼しさと休養

リフレッシュと美味しいものを求めて

 

このホテルはこじんまりしているが

リーズナブルで清潔感があると評判で

夏はほぼ満室だ

 

四泊する人もいれば

一泊で帰る人もいる

家族で来る人もいれば

ひとりで来る人もいる

荷物の多い人もいれば

少ない人もいて

毎年来る人もいれば

初めて来る人もいる

 

今日はどちらに行かれるんですか?

お天気、持つといいですね

そんな短い会話だけれど

その話の中から

その人の表情から

ストーリーを想像する

 

仲直りの旅行かな

ちょっと疲れてひとやすみかな

いつも夏の休暇かな

 

そして

お泊まりが長ければ長いほど

お帰りのときは

さみしい

行ってらっしゃいませ

と笑顔でお辞儀をするけれど

一瞬の喪失感が僕を襲う

 

この夏だけでも

ぼくは何度

行ってらっしゃいませ

つまり

さようなら

を言っただろう

 

それは毎日のなかにある

小さなさようならだ

生きていく中には

もっと大きなさようならもあるだろう

小さな

大きな

さようなら

の繰り返しで

人生は続いていく

 

でも当たり前だけれど

ここでは

誰かが去って行くと

また誰かがやって来る

いらっしゃいませ

つまり

こんにちわ

もしくは

はじめまして

それはさようならと同じくらいある

 

きっと人生も

そうなのではないか

なんて考えながら

霧がかったこの町で

僕は

今日のこんにちわの準備をする

 

 

(c) 2019 あわやまり

2019/07/07

「もう糸は結ばれた」

誰にも必要とされていない

と思うとき

どこかで誰かが

誰かを心から愛したい

と願っている

 

その想いだけは

風に乗って行って

空で手を握り合って

よし、私たち

きっといつか会おう

なんて約束している

きっとね

 

 

(c) Mari Awaya 2019

2019/06/27

「もしかしたら」

わたしたちは

あらゆる感情というものを

生まれる前から知っている

けれど

この世に生まれるときに

それをすべて忘れてしまう

 

だから

生きながら

いろいろな感情を持ち

もう一度

知っていくのかもしれない

 

つまり

こんな感情を

抱いたことが

はじめてなのに

せつないほど

くるしいほど

なつかしいのは

そういうことなんじゃ

ないだろうか

 

 

(c) Mari Awaya

私家版「夜になると、ぽこぽこと」より

2019/03/19

「着陸」

着陸しようとする飛行機
ノイズの混じった
画面に映し出される
滑走路

 

そこに向けて
まっすぐ
降り立とうと
高度を下げていく

 

きっと
わたしが生まれてくるときも
こんな感じに
どこからか
なにかを、目印に
なにか、使命を持って

確かに
この世界に
降り立ったのだと思う

 

 

(c) Mari Awaya 2019

秋美Vol31より

2019/03/03

「かみ」

かみをかいにいく

しをいんさつするために

かみはおもたい

ずっしりと、おもたい

ビニールぶくろもやぶれそうだ

 

それにしをいんさつする

なおしてはまたいんさつする

それがかさなりかさなり

さんじゅうさつめのファイルに

なるころだ

 

これをだれがよむんだろう

これをだれがよんでくれるんだろう

とおもいながらも

わたしはきょうも

かみにしをいんさつして

ファイルにとじる

 

ふかくじつなせかいで

たしかなたいせつなものが

じぶんがしんじているものが

そこにあるんだと

じぶんをあんしんさせるように

だれかにとどくように

いのりながら

 

(c) Mari Awaya 2019

「秋美」vol.31より

2018/12/31

「ただひとりのわたし」

あのときの

秘密を打ち明けてくれた

一緒に星を眺めた

あなたは

もういない

 

あのときの

嬉しくてどきどきして

星に祈っていた

わたしも

いないのだから

 

この世界で

時が経つことの

なんと理不尽なことか

なんと有難いことか

 

たった今

世界でただひとり

人生でただひとりの

わたしは

一秒前のわたしに

キスをして

ありがとうを言う

 

詩集「線香花火のさきっぽ」より

(c) Mari Awaya

2018/07/22

「ちいさなお皿でもいい」

ないってことを いしきすると

ないってことで

あたまがいっぱいになって

ない ない ない

があたまにいっぱい

 

ありすぎることを きょうふにおもうと

ありすぎるってことが

あたまをせんりょうして

たいへん たいへん ありすぎる

であたまがいっぱい

 

どのときも

あたまがいっぱいだと

はんたいのことを

想像することができない

 

ないにおびえているときは

あることを

ありすぎるにふあんなときは

それがへっていくことを

あたまのなかのテーブルの

ちいさなお皿ぶんくらい

想像できれば

テーブルクロスがパッとひかれて

ちがうけしきがみえてくる

 

 

(c) Mari Awaya 2018

2018/07/03

「点」

今わたしのたましいは

どこらへんにいるのか

わたしの人生は

たましいにしてみれば

ひとつの点だ

 

宇宙のなかで

その点をつなぎ合わせて

生きたり還ったりする

 

その線が向かうところを

知らないけれど

もしかしたら

最初の点に

還ったりするのかもしれない

 

 

(c) Mari Awaya 2018

*11月に出版予定の詩集からこぼれた一編です。

2018/06/08

「えんぴつを削る」

昔はえんぴつを

ナイフやカッターで削った

「えんぴつ削り」はもうあったけれど

わたしでさえ

学校でそれを習った

 

父さんや母さんは

小学生の頃とか

学校から帰ってきて

明日の準備で

えんぴつをナイフみたいなもので

削っていたに違いない

 

自分が誰かの

父さんや母さんになるなんてこと

まだ考えもしないで

遊んでいた頃

 

父さんはぶきっちょだから

きっとえんぴつも

きれいには削れなかっただろう

母さんは器用だから

きれいに削ったと思う

それは見られなくてもいいけれど

明日使うえんぴつを削りながら

そのときの父さんと母さんが

どんなことをを思っていたか

ちょっと知りたいと思う

 

 

(c) Mari Awaya 2018

ページの先頭へ

ページの先頭へ