あわやまりあわやまり

詩

2017/11/03

「胃カメラを飲んだ」

わたしの胃は
きれいだった
つるんとして

 

この激痛のかけらも
見つからなかった

 

不思議なもんだ
人のからだって
皮肉なもんだ
またストレスだって
言われちゃって

 

ストレスってのは
ほんとうに
あなどれない子だな
目立つわけでもないのに
確実に
じわじわと
わたしのからだに
サインをおくって
「私に気づいて」
って言う

 

 

(c) Mari Awaya 2012
私家版「わたし、ぐるり」より

2017/11/03

「からまった一日」

こんがらがった
からまった
イヤホンを
ネックレスを
靴ひもを
夜にゆっくり
ほどく
ほどけなくて
投げつけたくなるときも
あるけれど

 

だんだん
いちにちのあれこれも
ほどけていく

 

 

 

(c) Mari Awaya 2012
私家版「わたし、ぐるり」より

2017/11/03

「星空が語ること」

今ある星たちは
なにかわたしたちに
伝えるべきことを
表しているものでは
ないだろうか

 

見る人が見れば分かる
大切なことが
書かれている夜空

 

それを見られるところに
この青い星に
わたしたちは生かされているのでは
ないだろうか

 

ただそれを忘れてしまったのか
わたしは星空を見ても
なにか
なつかしく想うだけなのだけど

 

 

 

(c) Mari Awaya 2010
私家版「あの星から見える、うちの明かり」より

2017/11/03

「クローゼット」

クローゼットには
洋服のように
たのしいや
かなしい
うれしいや
せつない
それから
さびしいなんかも
ハンガーにかかっている

 

わたしは知らずにそれを着て
喜んだり
泣いたり
している

 

偶然を詰め込んだ宇宙
必然をかけているハンガー

 

 

 

(c) Mari Awaya 2010
「あの星から見える、うちの明かり」より

2017/11/03

「ピリオド」

まくらに
うっぷして
ちょっと泣いた
小さな涙の跡が
まくらに
ひとつ
丸く残った

 

このことの
泣くことの
終わりのしるし

 

 

(c) Mari Awaya 2010
私家版「あの星から見える、うちの明かり」より

2017/11/03

「すのこ」

保育園に
まだ姉も一緒に通っていたある朝
姉は自分のお部屋に行ってしまって
さびしくて
わたしはひとり
お外の靴箱のところの
すのこの上に座って

 

おねい~
と泣いていた

 

わたしの中の
ちいさなわたしが
今でも
すのこの上に座って
だれかを
呼んでいる

 

 

(c)mari awaya 2009
私家版「あの星から見える、うちの明かり」より

2017/11/03

「雨」

夜中
眠ろうとするとき
次の日に
出かける予定のないとき
雨が
ポツ ポタ ポツリ
と降ってくると
安心する

 

雨の中
わたしは布団の中で
そこは
やわらかに守られていて
安全だ

 

 

昼間
家で何もしていなくて
雨が
ザア ザア サー
と降っていると
不安になる

 

雨の中
わたしはひとり
ここに
取り残されているようで
迎えに来てほしくなる
じぶんの家なのに

 

 

(c) Mari Awaya 2010
私家版「あの星から見える、うちの明かり」より

2017/11/03

「星の住所」

神様か だれかが
宇宙をつくったなら
きっとちょっと
気をきかせたに違いない

 

星たちの住所はだれにも
教えないでおこう

 

生きものがいる星どうしは
遠くに
お互いを知らないように
遠くにおこう
そしたら
けんかもしないだろう
でもまだ見ぬもの
それを探すたのしみも
できるだろう

 

ほかの生きものが住んでいる
その星の住所は知らないけれど
わたしは まだ逢えない
けれどなつかしい誰かへと
こっそりメッセージを送る

 

 

(c) Mari Awaya 2010
私家版「あの星から見える、うちの明かり」より

2017/11/03

「ホテルうわの空」

それは美しい高原にあるらしい
みんな、心はどこかよそへ行っているから
あまりそのホテルのことを覚えていない

 

 

 

(c) mari awaya 2010

私家版「からっぽのところにすわった四行」より

ページの先頭へ

ページの先頭へ