あわやまりあわやまり

詩

2019/10/27

「海の色」

海の色の

まんまるい実を

ひとつだけつけた木があって

その実が光るものだから

みんなきれいねって眺めるけれど

あれはね

海の深さより深い

誰かの哀しみのサインなの

 

 

 

(c) あわやまり

ページの先頭へ

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。