あわやまりあわやまり

詩

2018/06/08

「えんぴつを削る」

昔はえんぴつを

ナイフやカッターで削った

「えんぴつ削り」はもうあったけれど

わたしでさえ

学校でそれを習った

 

父さんや母さんは

小学生の頃とか

学校から帰ってきて

明日の準備で

えんぴつをナイフみたいなもので

削っていたに違いない

 

自分が誰かの

父さんや母さんになるなんてこと

まだ考えもしないで

遊んでいた頃

 

父さんはぶきっちょだから

きっとえんぴつも

きれいには削れなかっただろう

母さんは器用だから

きれいに削ったと思う

それは見られなくてもいいけれど

明日使うえんぴつを削りながら

そのときの父さんと母さんが

どんなことをを思っていたか

ちょっと知りたいと思う

 

 

(c) Mari Awaya 2018

2018/05/16

「ため」

いきおいよく

とびだすため

ためはひつようだ

それがたとえ

ひとには

ぐうたら

のんだら

どっすり

しているように

みえても

 

ため

ばねの

いちばんちいさいから

いちばんおおきいまで

とべるように

できる

 

だからこうして

ぐうたら

のんだら

どっすり

しているのも

そのためさ

 

 

(c) Mari Awaya 2018

2018/04/21

「リーリリリー」

左耳から
リーリリリーリリリリー
テテーンテテテテテーン
というような音が聞こえる
かすかな機械音みたいな
あるいはこちらに
信号を送っているような音

 

幻聴かもしれない
けれどもしかしたらどこかで
私にメッセージを送っている
誰かがいるのかもしれない
この星のどこかに
この宇宙のどこかに

 

その内容を解読するには
もう少し時間がかかりそうだけれど
眠れぬ夜の子守唄のように
ずっと耳の中で

 

(c) Mari Awaya 2018

2018/03/31

「桜」

桜の花が咲くのをみたい

うすい桃色の花がきれいに咲いて

ちらちら散ってゆくのも美しい

 

桜の花をこれから何回もみたい

毎年同じように咲いてくれて

私の心をはじけるように明るく

微笑ませてくれる

 

だけれど桜の花をみるのには

夏がきて

秋がきて

冬がきて

それからやっと

春だぁと思うように

いつでも季節を順番にまってから

みられるのがいい

 

それぞれの季節をすごしてから

今年もやっと会えましたねと

思うのがいい

 

 

 

(c) Mari Awaya

2018/03/25

「しお」

部屋に塩を置いてみた
机の上に置いてみた

 

見ているだけで
口の中が
しょっぱくなるみたい

 

わたしもこんな
見えないくらい小さくて白い
しょっぱいものになってみたい

 

それで
あの人の中に入り込んで
ヒリヒリさせてやりたい
わたしはそこで溶けて
最後に
ざまあみろ
って言ってやるの

 

 

(c) Mari Awaya 2018

2018/03/15

「まるちゃんがいる」

まるちゃんがいなかったとき

そのことを表すなら

0だ

まるちゃんがいることは

まるちゃんがいなかったとき

いないことは

0のまま

 

でも

まるちゃんはもういる

当たり前のように

それがもうずっとそうだったみたいに

そこからいなくなったら

マイナス1になる

 

つまりまるちゃんが

いてもいなくても

もうここに存在するから

いる、の1か

いたのにいない、のマイナス1か

もう0にはならない

 

わたしは生きている間ずっと

そばにいてもそうじゃなくても

まるちゃんには1であって欲しい

 

 

(c)Mari Awaya 2018

2018/03/05

「神様の用意したリュック」

それには

言葉がたくさんつまっていて

その人に一生のうち必要な

言葉たちが入っている

 

ふとした時に

人生の重要な局面で

神様は誰かに

その言葉たちを言わせる

 

そのリュックに

もうひとつだけ

入っているものがあって

それは

なのだけど

家族でも

恋人でも

夫や妻でも

自然でも人類でも

愛することが出来る

これはリュックに入っていながら

どんどん出て来る

不思議なもの

 

忘れてはならないのは

自分を愛することも

出来ると言うこと

 

 

 

(c) Mari Awaya 2017

秋美29号より

2018/02/16

「なにもかも」

なにもかも

上手く行くってことは

本当はないのかもしれない

ほとんど上手く行っているように見えて

大きいか小さいか

わからないけれど

上手く行かないことが

隠れている

 

だからもしかしたら

なにもかも

どうにもならないってことも

本当はないのかもしれない

本当にもうどうにもならないように見えて

小さな

希望や救いが

そこには混在している

 

その存在に気がつければ

なにもかも

ではなくなり

それはいい方向へ導いてくれる

強く光る星となる

 

 

 

(c) Mari Awaya 2016

2018/02/03

「うちゅうのおふろ」

ひどくつかれた
ふかくきずついた
たましいたちも
うちゅうで
おふろにはいれれば
いいね

 

あったかくて
きれいなおふろ
あがったら
ふかふかのタオルで
ふいてあげる
それから
つめたいものでも
ぐびぐびっとのんでさ

 

そしてすこし
おもえればいいね
またうまれてみようかな
あのあおいほしに
うまれかわってみようかな
って
すこしだけでも
いいよ
なんかいもおふろにはいれば
きっとまた
うまれてみたく
なるよね

 

 

 

(c) Mari Awaya

2018/01/22

「もうひとつの世界」

駅にある
パン屋の隣の
そのカフェは
突き当たりの壁一面が
鏡になっている
空間を広く見せるため
なのかもしれない

 

そのカフェにいると
鏡の向こうには
もうひとつの
違う世界があって
よいしょ
と入っていけば
向こうの世界に
入れそうな心持ちになる

 

向こうの世界のパン屋で
パンを買い
駅からバスに乗って
家に着くと
そこには
誰が待っているのだろうか

 

 

(c) Mari Awaya
「秋美」vol.28より

ページの先頭へ

ページの先頭へ