あわやまりあわやまり

詩

2017/11/03

「ピリオド」

まくらに
うっぷして
ちょっと泣いた
小さな涙の跡が
まくらに
ひとつ
丸く残った

 

このことの
泣くことの
終わりのしるし

 

 

(c) Mari Awaya 2010
私家版「あの星から見える、うちの明かり」より

2017/11/03

「すのこ」

保育園に
まだ姉も一緒に通っていたある朝
姉は自分のお部屋に行ってしまって
さびしくて
わたしはひとり
お外の靴箱のところの
すのこの上に座って

 

おねい~
と泣いていた

 

わたしの中の
ちいさなわたしが
今でも
すのこの上に座って
だれかを
呼んでいる

 

 

(c)mari awaya 2009
私家版「あの星から見える、うちの明かり」より

2017/11/03

「雨」

夜中
眠ろうとするとき
次の日に
出かける予定のないとき
雨が
ポツ ポタ ポツリ
と降ってくると
安心する

 

雨の中
わたしは布団の中で
そこは
やわらかに守られていて
安全だ

 

 

昼間
家で何もしていなくて
雨が
ザア ザア サー
と降っていると
不安になる

 

雨の中
わたしはひとり
ここに
取り残されているようで
迎えに来てほしくなる
じぶんの家なのに

 

 

(c) Mari Awaya 2010
私家版「あの星から見える、うちの明かり」より

2017/11/03

「星の住所」

神様か だれかが
宇宙をつくったなら
きっとちょっと
気をきかせたに違いない

 

星たちの住所はだれにも
教えないでおこう

 

生きものがいる星どうしは
遠くに
お互いを知らないように
遠くにおこう
そしたら
けんかもしないだろう
でもまだ見ぬもの
それを探すたのしみも
できるだろう

 

ほかの生きものが住んでいる
その星の住所は知らないけれど
わたしは まだ逢えない
けれどなつかしい誰かへと
こっそりメッセージを送る

 

 

(c) Mari Awaya 2010
私家版「あの星から見える、うちの明かり」より

2017/11/03

「カンカクの調整をしております」

響くアナウンス
誰と誰の、何と何の間隔?
もしかして、わたしの感覚?

 

 

 

(c) mari awaya 2010

私家版「からっぽのところにすわった四行」より

2017/11/03

「ホテルうわの空」

それは美しい高原にあるらしい
みんな、心はどこかよそへ行っているから
あまりそのホテルのことを覚えていない

 

 

 

(c) mari awaya 2010

私家版「からっぽのところにすわった四行」より

2017/11/03

「黒い魚の予言」

電車の窓の外側に
黒っぽい魚がくっついていた

 

人もほとんど周りにいないので
わたしが車内からコンコンと
窓をたたくと

 

一生のうちに見られるかわからない
空の光る輪を見にきたのです
はい、海をずっと泳いで
今日は雨ですので
こうやって移動できます
ただ、間に合うかどうか
まだ南へ進まなくてはいけません
それに、わたしの目で
見られるかどうかが
はい、それが心配です
と魚は言った

 

そうか明日は
皆既日食なんですね
わたしだって
見られるかどうか
と言うと

 

あなたの指にはめている
光る輪は見えますよ
と返すので

 

わたし指輪なんてしてないですよ
なんにも付けていないし
と指を見る
確かに何もないのだ

 

いえ、見えますよ
光っていますよ
ああ、はい
先のことかもしれないです
今見えている星の輝きは
昔消えた星のものだと言いますが
太陽の光り輪のことが近くですので
先のことが見えたのかもしれないです
はい、多分ですけど

 

はあ、そうですか

 

ではここらへんで失礼を
と言って魚は
バンっと窓を蹴って
多摩川に飛び込んで行った

 

どの指に光っているのか
聞くのを忘れた

 

 

(c) Mari Awaya 2010
私家版「今日、隣にいたひと」より

2017/11/03

「井の頭線と宇宙人」

オレンジの宇宙人が
シルバーシートに座っている

 

目は六つもあるのに
「優先席」が読めないのか
おじいさんが前にいるけれど
席をゆずらない

 

口を大きく開けていて
全部で三十本くらいある歯が見える

 

いぃ~いぃぃ~いいぃ~
と聞いたことのないメロディーを
歌っている

 

生まれ星の歌なのか
星に帰りたいのか
六つの目に
涙をうかべて

 

 

(c) Mari Awaya 2009
手製本「不思議ないきもの」より

2017/11/03

「あたためるよ」

あたためるよ
君を
あたたかいお風呂に
入れてあげて
ほわほわの毛布で
包んであげて
ストーブで
部屋もあたたかくして

 

あたためるよ
君の
その奥の奥まで
届くように
なんでもするよ

 

僕が抱きしめて
君があたたかく
なれるのなら
僕は冷たくなっても
いいんだ

 

あたためるよ
ひとりぼっちだと
思いこんでいる
君を
そんな人なんていないって
思っている
君を
いつか

 

 

(c) Mari Awaya 2009
手製本「不思議ないきもの」より

2017/11/03

「深海」

今は
海 深いところで
貝の中に入って
深く 深く
眠りたい

 

何年か
何百年かたったら
あなたが貝をたたいて
起こしてくれる?

 

そのときには
本来の私になって
元気になって
でていくから

 

 

(c) Mari Awaya 2009
手製本「不思議ないきもの」より

ページの先頭へ

ページの先頭へ