あわやまりあわやまり

詩

2020/03/24

「意志」

新年明けたばかりの電車に乗る

 

規則正しくぶら下がるつり革は
そろってゆれる
電車がゆれるたび
同じにゆれる

 

その様を眺めていると
その中で何故か頑なに

ゆれていないつり革を見つけた

 

よく見ると
そのつり革は
口をへの字にして
何か言っている

 

ゆれるから
ゆらされるのは
ごめんだ
ぼくはぼくのみちをいく
ほかがよくみえても
ときに
こどくがつらくても

ここにいたって

みちはえらべる

 

誰も気がつかなくても
強く頑なに

ゆられない

孤高のつり革

 

 

 

(c) 2020 あわやまり

「秋美vol.32より」

2020/03/18

「カーテン」

わたしの部屋の窓の方から

ちいさな声で

できる

できない

できる

できない

と聞こえる

 

近づいてよく見ると

カーテンの花柄の

赤い花の花びらが

声に合わせて

ひらりひらりと落ちていく

どうやら花自身で

花占いしているみたいだ

 

何ができるの?できないの?

 

と聞くと

声と花びらはぴたっと止まった

 

もしかしたら他の花も

何を占っているのか知らないけれど

(わたしの恋とか仕事のことかも)

花占いをしているのかも

 

最近カーテンの花の色が

薄くなった感じがしていたのは

そのせいかな

 

 

 

(c) 2012 あわやまり

→詩画集「わたし、ぐるり」より

2020/03/16

「どこかのバス停」

今このバス停で

バスを待っているたくさんの人が

バスがやってくる方向を

一様に向いて

今か今かと

待っているように

 

どこかわからないけれど

どこかのバス停で

どのくらいの人か

どんな人か

わからないけれど

あなたがやってくるのを

待っている

 

あなたの方を

ずっと向いて

待ちこがれるように

 

 

 

(c) 2020 あわやまり

2020/03/14

「迷子」

電車で迷子の「こわがり」をみつける

困っているので

毛の色が濃い灰色になっている

私の前を行ったり来たり

降りようかどうしようか

うろうろしていて

かわいそうに思う

 

けれども私はすでに

「こわがり」を一匹連れているので

連れていく訳にもいかず

降りる駅で

なるべく迷子のこを見ないようにして

ぱっと降りた

 

私の「こわがり」がはぐれないように

かばんにつっこんで

 

 

 

(c) 2009 あわやまり

2020/03/07

「ある日」

まだまだ先のことかと思っていた

それは光って

忽然と現れたかのように思えた

こんなところに

まさか

いつも見ていたはずなのに

 

しかも二本も

それはけれどやはり

綺麗に輝いている

切って手にとると

不思議だ

見えなくなったかのように思える

 

透明のようで

黒々とした髪の毛に中にあると

すざまじい存在感を放つ

わたしの白髪

 

 

 

(c) 2016 あわやまり

詩集「線香花火のさきっぽ」より

2020/03/04

「暗い道のひみつ」

・・・・・・・・・・(黄色い家の赤い車・作)

 

このあいだ僕は見てしまった

ちょうど日が暮れて

色んな家の色んな夕飯のにおいが

優しく皆の帰りを待っている頃

 

誰も通っていない道の

電信柱がこう

一回腰をかがめて

そうしてから

今度は反対にそって伸びをした

 

僕はとても驚いて

隣の家の寝ている車に

教えてやろうかと思ったけれども

確かによく考えてみると

電信柱だって四六時中ああやって

まっすぐ立っていなきゃならないのだから

たまに伸びをするくらい

してもいいものだと思った

 

この話がみんなの暇つぶし程度の噂になるのは

ちっともいい気分がしなくて

僕は誰にも言わないことに心に決めて

じっとしていた

その電信柱はすでに

僕よりもじっとしているようだった

 

 

(c)2004 あわやまり

「へその中の話たち -冷たい風が運んだ話-」

2020/03/01

「いつも」

晴れていても

曇っていても

その上の宇宙では

無数の星たちがささやきあって

 

誰も見ていなくても

樹々は踊り

花は歌う

この世界に生きる喜びが

私たちにも波及するように

 

 

 

(c) 2017 あわやまり

2017詩と絵のカレンダー3月

木蓮の花言葉「自然への愛」より

2020/02/29

「私の立つところには私だけ」

自分のつらさが

苦しみが

分かってもらえていない

と思うとき

それも当然だ、と

割り切ることも

必要なのかもしれない

 

だって世の中に

本当の意味で

同じ立場の人なんて

いない

 

一見似ているようで

分かり合えそうだけれど

根っこが違ったり

根っこは同じだけれど

今吹いている風は違ったりする

 

そう思っても

どうしてか

やっぱりすこしでも

分かってもらいたい

と思ってしまうのは

弱さなのか

それとも

愛が欲しいだけなのか

 

 

 

(c) 2020 あわやまり

秋美vol.32より

2020/02/26

「忘れていたすき」

ずっとはいていなかった

スカートを出したら

そのプリーツから

ずっと前にすきだった人への

「すき」

がぽろんと落ちた

 

ひろって

窓を開けて

外に出してやる

 

もう飛べないのか

滑るように落ちて

とぼとぼと歩いて行った

 

 

 

(c) 2010 あわやまり

2020/02/23

「ほこりのきらめき」

あたたかな陽が差し込む

リビングのソファに

横になっていて

ふと目を開けると

陽の光りに照らされて

リビングのほこりたちが

キラキラきらめいていた

 

いつもほとんど気づかれない

小さな小さなほこりたちが

意思を持っているように

踊っているのだった

 

わたしがそこに

そっと手を触れると

ほこりたちは

静かに近づいてきて

優しく包み込むように

触れてくれるようだった

 

そこにわたしの大切な人が

本当にいて

まだそばにいるよって

教えてくれているようだった

 

その奇跡に

わたしは深く感謝した

 

 

 

(c) 2020 あわやまり

「秋美」vol.32より

ページの先頭へ

ページの先頭へ