あわやまりあわやまり

詩

2017/11/21

「それはそんなに」

早く分かるものなの?
出来るとか出来ないとか
成し遂げるとか遂げられないとか

 

 

 

(c)Mari Awaya 2015

2017/11/21

「強い雨の日の渡り廊下」

そこを渡るときみたいだね
ちょっと勇気がいって
タイミングが重要で

 

 

 

(c)Mari Awaya 2015

2017/11/15

「幾何」

雨が降って
傘についてきた
雨粒たちを
部屋で乾かす

 

乾燥している部屋で
それはすぐに気化する

 

傘は幾何学模様
重なる色たち
眺めていると
どこを見ているのか
分からなくなって
頭がぼうっとする

 

どれほど
どれくらい
ここにこうしていたのか
どれほど
どれくらい
この世界にいるのかも
分からなくなって

 

 

 

© Mari Awaya 2015

*幾何…いくばく、とも読みます。

2017/11/15

「もう五日なのに」

まだなんにもできていない
きっともう、いつかなのに
まだたどりつけていない

 

 

 

© Mari Awaya 2015

2017/11/15

「私は、怒っている2」

このことで怒っているのに
全く気がつかないで
自分のことばかりしているひとに

 

 

 

© Mari Awaya 2014

2017/11/15

「私は、怒っている」

そんなことで怒るのは
無意味だし、時間の無駄だし
おかしいよ、と言う人に

 

 

 

© Mari Awaya 2014

2017/11/15

「いつか、なれるかな」

ここにいることに
そしてこうでありたいと描く
私に、なれるかな

 

 

 

© Mari Awaya 2014

2017/11/15

「私、ようやく」

この世界の住人になれた
そして十年もしないで
慣れてしまった

 

 

© Mari Awaya 2014

2017/11/15

「雨のことば」

急に降り出した弱い雨が
電車の窓に
詩を書いている

 

 

© Mari Awaya 2014

2017/11/09

「もし」

もし
とだけ
机に書いてある

 

続きを考える
もし、ここにいなかったら
もし、今日が十年前だったら
もし、私が私じゃなかったら
もし、ここが地球じゃなかったら
もし、生まれ変われるのなら

 

もし、聞いてくる
あなたはだれですか?

 

 

 

© Mari Awaya 2014

ページの先頭へ

ページの先頭へ