あわやまりあわやまり

詩

2019/10/14

「わたし像」

船で世界へ旅に出ようとした

あのころ

わたしは欲しいものを

なにも持っていないのに

「こうでなければいけないわたし像」を

何体も持って旅に出た

 

重くて ときに

私を押しつぶそうとするその像たちを

置いてきたくとも

置いてはこられなかった

 

同室の子たちは

狭いベッドの脇に並んだ

わたし像たちを見ると

たくさんいるんだね

でもよくできてる

これなんて

あの女優に似てるね

などと言った

 

十九の点を線でつないでいくような旅

様々な文化の国

出会った人々

語り合える友達

広い海

ものすごい数の星

 

旅はこの上なく楽しかった

本当に、この上なんてないんじゃないか

というくらいに

 

船旅にすっかりはまったわたしは

ろくに自室に帰りもせず

わたし像のことを忘れて時を過ごした

 

帰港間近になり

荷物をまとめようというときに

わたし像がぜんぶいなくなっているのに

気がついた

同室の子たちに聞いても

知らないと言う

 

砂漠の国で降りたかもれない

南の島が気に入って住みついたかもしれない

海に飛び込んだのかもしれない

海賊に持っていかれたかもしれない

 

でもわたしのこころは

海のように広々として

楽になっていた

 

わたしがこの旅で得た

たくさんのものと同じくらい

わたし像をなくせたことは

大きな収穫だった

 

 

 

(c) あわやまり

ページの先頭へ

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。