あわやまりあわやまり

詩

2020/02/02

「噴水に住む妖精」

水の薄い膜を作って流れる

公園の噴水

晴れた日には

虹が見えることもある

 

その中に住んでいる妖精は

ちいさくて美しい

 

彼女は噴水の中から見る景色

ぼやけてよく見えない

でもなんだか

きれいに見えるものたちを

現実だと思っていて

噴水が止まって

そこから出て見る世界は

夢だと思っている

 

だから人間も

夢の中の生き物だと思っていて

いつもベンチで本を読んでいる彼のことも

逢えない人に恋をしてしまったのだと

思い込んで悲しんでいる

 

 

 

(c) 2011 あわやまり

2020/01/31

「裏山のマーシー」

裏山のマーシーが

最近ちょくちょく

わたしの家にやって来て

わたしの部屋にまで入って来る

しっぽのみじかい

出っ歯で

ちゅうくらいのねずみみたいなの

 

保健所に電話すると

 

マーシーはこちらではどうにも

巣を作ったわけではないんですよね?

悪さもしていないと

区役所に相談したらいかがですか

 

そう言われて

区役所に電話すると

 

マーシーですか、裏山のね

巣を作ってないのなら

こちらとしてはなんとも

あ、マーシーを研究している方が

この地域にいらっしゃいますので

ご相談してみては

と言われる

 

早速マーシーを研究している人に

電話をする

 

すると予想に反して

研究者は女性だった

 

最近裏山のマーシーが

わたしの部屋にまで入って来て

そこで眠ってしまったりするんです

なんだかマーシーがいると

ため息が出るような

すべてに ずーんと

わたしだけ

おいていかれる

気持ちになるんです

とわたしが説明すると

 

そうですか

と落ち着いた優しい声の研究者は答える

私が言えることは

あなたのやりたいことを

夢中にやってください

ということです

もしやりたいことがわからなければ

あっちこっち手を出してみて

 

あの

わたしはマーシーのことで

相談しているんですけど

 

わかっていますよ

裏山のマーシーは

あなたが変われば

来なくなります

来ても庭を通り過ぎるくらい

私は裏山のマーシーを

もう何十年も研究しています

あなたがあなたを大好きになれば

マーシーは来ないわ

と研究者は言い切った

 

わたしは

わかりました

とよくわかっていなかったけれど

言ってから電話を切った

 

その夜

マーシーは来なかった

わたしは

 

わたしはわたしが好き…

 

消えそうな声で言ってみて

目を閉じた

 

 

 

(c) 2014 あわやまり

詩画集「夜になると、ぽこぽこと」とより

2020/01/28

「星のにおいのパジャマ」

初めて行った町で

待ち合わせまでの時間

ぶらぶらしていると

かわいらしい雑貨や洋服のお店を見つる

 

かわいいワンピース

と思って手に取ると

ピンで止めてある小さな説明書きに

 

「星のにおいのするパジャマ」

半永久的ににおいは消えません。

夜もぐっすりです。

 

と書いてあって

あ、これパジャマなんだ

しかも星のにおいってどんなだろ

と思ってかいでみると

あ、そういえば星のにおいってこんなんだ

とかいだことはないはずなのに思いだして

かわいいし

星のにおいだし

ぐっすり眠りたいし

買うことにした

 

帰って注意書きを読むと

何度洗濯してもにおいは消えませんが

太陽に長時間あてるのは避けてください

とある

 

あ、お日様のにおい

ついちゃうからかな

と納得し

早速パジャマを着て

ベッドに入る

 

ぐっすり眠れるかどうかは

是非一度、お試しを

 

 

(c) 2009 あわやまり

2020/01/23

「怖いのとんでけ頭巾」

私の行きつけのレンタルビデオ屋は

すこし変わっている

ビデオ、DVD、CD、本、ゲーム、マンガ

貸し出しはシステムも料金も普通

 

ただ店内にはいつも

香水おばさんがいる

香水おばさんはお客から注文されると

手持ちのにおいを調合して香水を作る

だから香水おばさんのブースには

においのサンプルがいくつもあって

店内はいつも香水くさい

 

それから

「怖いのとんでけ頭巾」が置いてある

これは初め子ども向けに作られたもので

怖い映画を観てしまった後

怖いのがずっととれない子の

頭の中にある怖いシーンを

溶かしてしまうというもの

形は防災訓練で使う防災頭巾に似ている

それを怖いシーンを思いだしながら

十分くらいかぶっていればいいのだ

するとだんだん思い出せなくなって

溶けてしまう

誰が作ったのか定かでないが

この店の店長の知り合いに

発明をしている人がいると聞いたことがある

 

この頭巾を最近は大人も使いはじめた

大人でも映画が怖いからだと思ったが

そうでない人もいるらしい

昼間買い物帰りの主婦や

夕方学校帰りの高校生

夜遅くに帰ってきた会社員と思われる男性

いろんな人がコンビニに寄るように来ては

頭巾をかぶっていく姿を見かける

どうやら

日常の中にある怖いシーンや

怖いという思いさえも

頭巾は溶かしてくれるらしい

目をつむって眉間にしわを寄せていたのが

安心したように穏やかな表情に変わっていく

 

こわいの とんでけー

こわいの とんでけー

こわいの とけて とんでいけー

 

いつか私もやってみようかと思いながら

今日は笑顔のかわいい女優が出ている

青春映画を借りて帰った

 

 

 

(c) 2007 あわやまり

詩画集「ぽちぽち、晴れ」より

2019/12/17

「涙プリンセスとヒラメ係長」

駅の中央改札を出たら

声をかけられた

振り返っても 誰もいない

 

こっちです

と下から声がする

下を見ると ヒラメがいた

 

あなたを今年の

「涙プリンセス」に決定しました

つきましては広報誌に載せたいので

インタビューをよろしいですか?

 

わたしはびっくりして

でもまず しゃがんで

 

えっと、すみません

なんですか?「涙プリンセス」って?

 

するとヒラメは

まばたきを一つして

ええ、わたくしどもは

この駅のホームで

お客様がこぼされるため息や

おとされる涙を

人知れず食べているのです

年々わたくしどもが増やされているのには

ため息や涙が増えてきているから

なんですね

あ、ちなみにわたくしは

下りのホームをまとめています

ヒラメ係長です

 

とヒラメは言う

 

それで…

 

とわたしが解せない顔をしていると

 

あ、失礼しました

それで今年から

何か楽しいことに役立てたいと

この沿線の会社からのお達しで

この一年で一番たくさん

ため息をこぼした「ため息キング」

涙をおとした「涙プリンセス」

を探して表彰し

広報誌にもコメントをいただこうかと

 

わたしはあきれて

 

そんなのいやです

それ嬉しくないですよ

表彰されても

失礼します

 

わたしが立ち去ろうとすると

 

ああ、すみません

ちょっとお待ちを

 

ヒラメは水もないのに

す〜 と近づいてくる

写真やお名前などは載せません

一言だけでも

もう決まったことゆえ

上がうるさくて

「ため息キング」はくださいましたよ

 

わたしは立ち止まって聞く

 

ため息さんはなんて?

 

「ため息をつくのは、駅だけと決めています。キングになれて複雑な気分です。来年はもっと明るい賞を作った方がいいですよ」

 

ほら、やっぱり

変ですよこんなの

とわたしが言うと

 

でもわたくしが決めたことではなく

わたくしも日ごろは

ため息と涙を食べている

しがないヒラメなんです

 

と言い返され

ヒラメの上下関係なんかを思ったら

少しかわいそうになり

ふーっと息を吐いてから一気にしゃべった

 

「プリンセスになったのは初めてですが、駅で泣くとすっきりして家に帰れます」

これでいい?

 

ヒラメ係長は

ありがとうございました

あの〜、それで

お名前などはもちろん載せませんが

何かニックネームのようなものを

お願いしたいのですが

 

勢いがついたわたしは少し考えて

 

「なにもかもが蜃気楼」

 

と答える

 

結構でございます

お時間をとらせてすみませんでした

広報誌と賞状は改めてお渡しします

では

 

と言ってヒラメ係長は

す〜 と急ぎ気味に

わたしから離れて行った

 

バスロータリーに向かいながら

はじめての 涙プリンセス 蜃気楼に泣く

とつぶやいた

 

 

(c) 2010 あわやまり

→詩集「今日、隣にいたひと」より

2019/12/04

「のび」

のびはうらやましかった

 

ぼくは人が伸びをしたときに

出てくる

それは寝起きの

まだ眠たい伸び

ずっとパソコンで仕事

肩が凝ったときの伸び

 

ぼくが双子なら

だいぶ違ったのに

 

のびのび

 

自由でゆったりとした

こころの、からだの

環境の状態

 

のびのび のびのび

 

ぼくも相方を見つけて

人のこころを

ぐーんと広く

してみたいもんだな

 

 

(c) 2012 あわやまり

2019/11/26

「忘れてしまった約束」

ほかの目をたいそう気にする星がいて

私はほかの星より輝いているかしら

もっときれいに光れないかしらと

磨き職人をやとって

自分を丸ごと磨かせた

 

でも自分では

どのくらい磨きがかかったか

どのくらい輝いているのか分らなくて

職人のうちの一人を

いつも見える青い星へと向かわせた

 

あそこの星へ行って

私がきれいに光っているか

確かめてきてちょうだい

きれいに光っているのなら

私に向かって

あなたはどの星よりもきれいです

と教えてちょうだい

そうしたらあなたにだけ

とびきりのご褒美をあげます

 

職人は青い星へ向かった

けれども思いのほか遠かった

星へ着いた頃には年をとっていた

そしてこの星に

何をしに来たのかを

忘れてしまった

 

年をとった職人は青い星で

よく星を見上げた

ことさらきれいに光る星を見ては

何か忘れていることがある気がしたり

その星の光が

何か言っているように見えたりした

 

とびきりのご褒美がなんだったのか

今でも、分らない

 

 

(c) 2008 あわやまり

2019/11/20

「はしご屋さん」

私の住んでいる家の近くに
はしご屋さんがある
はしご屋さんには
いろんな種類のはしごがある

 

普通のはしご
おもちゃのような小さいはしご
木で出来たオブジェのようなはしご
黄色の細いはしご
青い長いはしご
オレンジ色の曲がったはしご
いたるところにはしごが置いてあって
まるで公園のよう
でもそれらは売っているのではない

 

大きな段差や大きな溝
思いがけない穴に
たちふさがれて進めなくなったとき
みんなはしご屋さんを呼ぶ

 

大体ぞうさん公園の砂場くらいの溝です
という風に電話で言うと
それに合いそうなはしごを
トラックにつんで来てくれる
そして溝にかけてくれて
私たちは前へ進めるのだ

 

近ごろはしご屋のおじさんは
新しいはしごを作るのに熱心だ
それもすごく大きくて
横へ縦へ、伸び縮みする

 

最近あるお客さんがね
穴の大きさはよく分からない
月くらいに大きいように思うって
電話してきたんだ
ずいぶん思いつめた感じでね
もしかしたらこれはもう
はしご屋の仕事じゃないかもしれないけどさ
おじさんもなんとかしてあげたいからさ
その先に進めるきっかけは
どこにあるか分からんものだからね
と言って作業をつづけていた

 

段差や穴を渡るのは自分で行くしかない
けれど誰かがその助けをしてくれる

そういう人がいてくれることが心強い

 

おじさんにさよならを言って家へ向かう
マンホールを踏まないように
大袈裟に飛びながら帰った

 

 

(c) 2007 あわやまり

詩画集「あわやまりのひとしずく」より

2019/11/13

「夜のひと」

毎夜眠れないので

夜をめくる光景を

眺めるようになった

 

大きな 大きな

暗い闇夜で

大勢の夜のひとたちが

ゆっくり ゆっくり

一ページずつ 夜をめくる

 

今日もそれを眺めていたら

休憩で交代したのか

夜のひとが一人こちらへやってきた

 

あなた

最近ずっと眺めていますね

眠れないのなら

めくり人になりますか

 

と言われる

わたしはベッドの上に起きて

 

いいえ、大丈夫

わたしは夜のひとではないから

めくり人にはなれません

 

そうですか

夜に眠るというのは

どんなものですか

そんなにいい、ものですか

 

いい、ものです

とても大切なことです

 

じゃあ、さぞかし

おつらいでしょう

 

そうですね

 

私たちは平等に

夜をめくらなければならない

そうでないと

朝のひとに迷惑がかかって

一日が崩れていく

私がしてあげられるのは

これくらいです

 

と言って

濃い藍色のちいさな石をくれた

 

この石で頭を三回軽くたたいて

眠る時間ですよ

と言うんです

夜のひとは夜でない時

好きな時に眠りますから

まぁ、これは夜のひとがやることだから

効くかわからないけれども

 

ありがとうございます

やってみます

 

夜のひとは闇へ帰って行った

 

私は渡された石で

頭を三回たたいて

もう眠る時間ですよ

と言ってベッドに横になり

ゆっくりと 目を閉じた

 

 

(c) 2008 あわやまり

私家版詩集「いくつかの夜をめくった」より

2019/10/21

「おじぎ草」

友人がくれたおじぎ草をベランダに置いた
手作りの小さい器に植わっていて
なんともかわいい
撫でてやる度
しゃわしゃわ しゃわ
といって葉を閉じてしまうのもかわいい

 

ところが
夏の終わりに近づいても
おじぎ草は大きくなり続けた
あと少ししか大きくならない
と聞いていたので驚いた
大きな鉢に移しかえても
撫でてやると従順に
しゃわしゃわ しゃわ
と大きな葉を閉じる

 

そのうちに
朝起きて撫でてやると一緒に
しゃわしゃわ しゃわ
と閉じられる葉の中に入ってしまうようになった
初めのうちはそれでも数分すると中から出てきて
バナナだけ食べてからのろのろと仕事にいった
さらに日が経つと
葉っぱの中に入っていくのが日課になってしまった
もうずっと葉っぱの中で眠りたいと思い
入っている時間が日に日に長くなった
仕事にも遅刻して怒られることが増えていった

 

眠りたくて眠りたくて仕方がなかった
身体のいろんなところや
心のすみずみから
休もう、休もう
というメッセージがきていた
周囲の勧めもあり
楽しく生きていけるぞ
と思えるようになるまで
おじぎ草の中で眠ることにした

 

たくさん働かせた身体と
いろいろ悩ませた心も
ゆっくり眠りましょう
しゃわしゃわ しゃわしゃわ しゃわ
みなさん
ちょっとの間だけ
さようなら
きっとじきに
元気になります

 

 

(c) 2006 あわやまり

私家版詩集「眠って眠って、春」より

ページの先頭へ

ページの先頭へ