あわやまりあわやまり

詩

2017/11/03

「なわとび」

体育の授業の
なわとびがきらいだった

 

みんなでいっせいに始めて
ひっかかったら、その場に座る

 

わたしはいつも
一番に座った
そしてみんなが
ひょんひょん跳んでいるのを
見ていた

 

飛んでいるみつばちを見る
羽根のないみつばちみたい

 

どんなかたちかわからないけれど
みつばちですらなかったけれど
わたしにも羽根がついていると
わかったのは
もっとあとのおはなし

 

 

(c) Mari Awaya 2012
私家版「わたし、ぐるり」より

2017/11/03

「スイッチ」

ぱちん ぱちん
電球がきれているから
スイッチを
いれたのかきったのか
わからない

 

すー すー すー
手探りで探すけれど
真っ暗だから
わたしの中で隠れているから
どこにあるか
わからない

 

でも何かの拍子に
ぱちん
いつか見つかって
ぱちん
必ずあるから
ぱちん
明かりを灯そう

 

 

(c) Mari Awaya 2012
私家版「わたし、ぐるり」より

2017/11/03

「からまった一日」

こんがらがった
からまった
イヤホンを
ネックレスを
靴ひもを
夜にゆっくり
ほどく
ほどけなくて
投げつけたくなるときも
あるけれど

 

だんだん
いちにちのあれこれも
ほどけていく

 

 

 

(c) Mari Awaya 2012
私家版「わたし、ぐるり」より

2017/11/03

「星の住所」

神様か だれかが
宇宙をつくったなら
きっとちょっと
気をきかせたに違いない

 

星たちの住所はだれにも
教えないでおこう

 

生きものがいる星どうしは
遠くに
お互いを知らないように
遠くにおこう
そしたら
けんかもしないだろう
でもまだ見ぬもの
それを探すたのしみも
できるだろう

 

ほかの生きものが住んでいる
その星の住所は知らないけれど
わたしは まだ逢えない
けれどなつかしい誰かへと
こっそりメッセージを送る

 

 

(c) Mari Awaya 2010
私家版「あの星から見える、うちの明かり」より

2017/11/03

「あたためるよ」

あたためるよ
君を
あたたかいお風呂に
入れてあげて
ほわほわの毛布で
包んであげて
ストーブで
部屋もあたたかくして

 

あたためるよ
君の
その奥の奥まで
届くように
なんでもするよ

 

僕が抱きしめて
君があたたかく
なれるのなら
僕は冷たくなっても
いいんだ

 

あたためるよ
ひとりぼっちだと
思いこんでいる
君を
そんな人なんていないって
思っている
君を
いつか

 

 

(c) Mari Awaya 2009
手製本「不思議ないきもの」より

2017/11/03

「ほねの雲」

魚のほねのような雲が流れていく
ほねだけなら
空にああしてただよえるのかしら

 

空からの景色を見たいから
おめめも一緒にいけないかしら
ふわぁふわぁ
ただよう感じを味わいたいから
やっぱりからだもいけないかしら

 

そうしてただよえたなら
私の心の重いのも
すこしは軽くなるでしょう

 

 

(c) Mari Awaya 2009
手製本「空にあるもの」より

2017/11/03

「ゆっくりと」

葉っぱが茶色くなって
カサカサになって
パリパリになって
こなごなになって
土になっていきました

 

今ある土も
長い時をかけて
葉っぱさんだか
お花さんだか
虫さんだか
わかりませんが
土になったんだなぁ
と思いました

 

人もそうやって土になりますね
私もいつか、なりますね
でもまだゆっくりと
まだゆっくりと、時をかけて

 

 

(c) Mari Awaya 2006
手製本「眠って眠って、春」より

2017/11/03

「まだ染まらないように」

遠くの橋の上を
一台のトラックが走っています
辺りは夕焼けで
だいだいに染まっています
あのトラックの中には
きっと明日が積まれている
あのトラックはそれを大切に
橋の向こうへ運ぶのです
だいだい色の世界の中を
まだ染まっていない明日を乗せて

 

 

(c) Mari Awaya 2005
手製本「日々のしずく」より

ページの先頭へ

ページの先頭へ