あわやまりあわやまり

詩

2018/07/22

「ちいさなお皿でもいい」

ないってことを いしきすると

ないってことで

あたまがいっぱいになって

ない ない ない

があたまにいっぱい

 

ありすぎることを きょうふにおもうと

ありすぎるってことが

あたまをせんりょうして

たいへん たいへん ありすぎる

であたまがいっぱい

 

どのときも

あたまがいっぱいだと

はんたいのことを

想像することができない

 

ないにおびえているときは

あることを

ありすぎるにふあんなときは

それがへっていくことを

あたまのなかのテーブルの

ちいさなお皿ぶんくらい

想像できれば

テーブルクロスがパッとひかれて

ちがうけしきがみえてくる

 

 

(c) Mari Awaya 2018

ページの先頭へ

ページの先頭へ