あわやまりあわやまり

詩

2018/03/31

「桜」

桜の花が咲くのをみたい

うすい桃色の花がきれいに咲いて

ちらちら散ってゆくのも美しい

 

桜の花をこれから何回もみたい

毎年同じように咲いてくれて

私の心をはじけるように明るく

微笑ませてくれる

 

だけれど桜の花をみるのには

夏がきて

秋がきて

冬がきて

それからやっと

春だぁと思うように

いつでも季節を順番にまってから

みられるのがいい

 

それぞれの季節をすごしてから

今年もやっと会えましたねと

思うのがいい

 

 

 

(c) Mari Awaya

ページの先頭へ

ページの先頭へ