あわやまりあわやまり

詩

2021/06/06

「煙の言葉」

お線香を炊いたら
煙の様が美しくて
つい
見とれる
 
す〜と曲線を描いたり
くるくるっとなったり
もしゃもしゃっとなったり
なんだか
誰かの声を
表しているよう
 
もう
ここにいない人が
なにか
一生懸命
話しかけてくれているように

 
 

(c) 2021 あわやまり

2021/06/02

「鼻うがい」

ひとかけらの
どよんとしたものが
心に居座っているとき
わたしは
鼻うがいをする

鼻うがいは
はっきり言って
上手く出来ない

左の鼻の穴から水を入れても
右の穴から出てくることはなく
結果
ブシューという感じで
入れた方の穴から
吹き出される

それがいいのだ

それを何回も繰り返すと
だんだん
可笑しくなってくるし
ひとかけらの
どよんとしたものも
一緒に
出ていったような気になる

だから
鼻うがいは
ずっと上手くならない方がいい

 

 

 

(c) 2021 あわやまり

2021/01/05

「新年の1」

紙に印刷してあった

明朝体の1が

トコトコと歩き出して

どこへ行くのかと思ったら

その飛び出た1の先っぽで

わたしの「やりたいことスイッチ」を

押したのだった

 

ああよかった

この1がゴシック体じゃなくて

ああよかった

この1が「やりたいことスイッチ」の場所を

知っていて

 

そしてわたしはスタートすることが出来る

1を忘れずに

1つずつ

 

 

 

(c) 2021 あわやまり

2020/09/05

「地下からの美しいメロディ」

お風呂に浸かって
じーーーっとしていると
どこからか
軽やかなメロディが聞こえる

高い調子で

コロコロ笑うように軽やかな

楽しそうなメロディ

 

よく聴いていると

それは水の音だった
しかも

下水を流れる水たちの

 

こうやって1日の終わりに
楽しいことがあった日も
つらいことがあった日も
肩も腰もバリバリな夜も

お風呂で涙する夜も

 

その身体や心までも

洗い流したお湯たちは

流されて行きながら
あんなに楽しげで軽やかな
メロディを奏でている

 

その音色を
身体の芯があたたまるまで
聴いていた雨の夜

 

 

(c) 2020 あわやまり

2020/08/13

「リアルタイム」

今日の夕暮れの空は

この一度だけ

再放送はない

 

その瞬間

いっしょに空を見られたなら

それはどんな縁だか

分からないけれど

素晴らしいひとときを

共有したことになる

 

それは一度だけ

リアルタイムでないと見られない

 

 

 

(c) 2020 あわやまり

2020/07/15

「私からの電話」

わたしが

選ばなかった道にいる
私から
ほんの時々
電話がくる

 

それは呼び出し音だけだったり
がんばって!の

一言だったりする

 

その電話が
怖いものだとは全然思わない

 

選ばなかった道にいる私は

そっちで正しかったよ、とか

こっちの方がよかったのに、とか

言うわけでもなく

ただ

今のわたしを応援してくれている

 

そんな気さえするような

気まぐれで

あたたかで

一番信じられるエール

 

 

(c) 2020 あわやまり

2020/07/01

「カラカリホロリ」

電車が激しくゆれると

 

カラカリ(ホロリ)

 

と音がした

 

わたしのすぐ近くのようだけれど

見渡してもわからない

 

また激しく電車がゆれる

 

カラカリ(ホロリ)

 

わたしの中から聞こえたようだった

こころか

あたまか

いぶくろか

しきゅうか

分からないけれど

 

 

 

(c) 2010 あわやまり

詩集「今日、隣にいたひと」より

2020/06/23

「芯」

新宿に着くと

スーツを着た人たちが

いっぺんに

さーと降りた

 

空いた車内

床に芯が一本

落ちていた

 

曲げるのでもなく

折られるのでもなく

まるごと落ちていた

 

誰かがさっき

捨てたのか

もしかしたら

新しいのを見つけて

それをこれからの

芯にするのかもしれない

 

 

 

(c) 2010 あわやまり

詩集「今日、隣にいたひと」より

2020/05/13

「ないものは、ない」

断捨離とか

片付け上手とか

世間では流行っていて

もれなく私も最近

色々なものを処分した

 

しかし

もう今更

どうしようもないけれど

ああ、あれを

捨てなきゃよかった

ほんとに捨てなきゃ

よかったのになあと

思うものがあって

夜も眠れない

 

もしかして捨てていないかも、と

クローゼットを片っ端から見てみても

捨てたことは確からしい

 

ああ

手放したところに

また

新しいものが入ってくる

はずだったのになあ

 

そうか

この捨てたものへの執着こそ

手放せれば

きっとこの心に

何か新しいものが

入ってくるんだ

 

ひらめいたような

なだめるような気持ちで

 

ないものは、もうない

 

と口に出して

クローゼットを閉めた

 

 

 

(c) 2017 あわやまり

2020/04/29

「夜の行進」

眠ろうと

目を閉じている

私の耳のそばを
小人たちが行進して行く

 

長い行列だ
ずっと歩いて行く

 

私が目を開けたり
声をかけてしまったら
消えてしまう

 

しばらく歩く音が続いた後
遠ざかって行くのと

同じくらいに
小さな声が聞こえた

 

いいなぁ
こんなふうに寝てるだけで
明日に行けるなんて
ぼくらは毎晩

歩いて

明日まで行くのに

 

 

 

 

(c) 2020 あわやまり

ページの先頭へ

ページの先頭へ