あわやまりあわやまり

詩

2020/07/01

「カラカリホロリ」

電車が激しくゆれると

 

カラカリ(ホロリ)

 

と音がした

 

わたしのすぐ近くのようだけれど

見渡してもわからない

 

また激しく電車がゆれる

 

カラカリ(ホロリ)

 

わたしの中から聞こえたようだった

こころか

あたまか

いぶくろか

しきゅうか

分からないけれど

 

 

 

(c) 2010 あわやまり

詩集「今日、隣にいたひと」より

2020/06/23

「芯」

新宿に着くと

スーツを着た人たちが

いっぺんに

さーと降りた

 

空いた車内

床に芯が一本

落ちていた

 

曲げるのでもなく

折られるのでもなく

まるごと落ちていた

 

誰かがさっき

捨てたのか

もしかしたら

新しいのを見つけて

それをこれからの

芯にするのかもしれない

 

 

 

(c) 2010 あわやまり

詩集「今日、隣にいたひと」より

2020/05/13

「ないものは、ない」

断捨離とか

片付け上手とか

世間では流行っていて

もれなく私も最近

色々なものを処分した

 

しかし

もう今更

どうしようもないけれど

ああ、あれを

捨てなきゃよかった

ほんとに捨てなきゃ

よかったのになあと

思うものがあって

夜も眠れない

 

もしかして捨てていないかも、と

クローゼットを片っ端から見てみても

捨てたことは確からしい

 

ああ

手放したところに

また

新しいものが入ってくる

はずだったのになあ

 

そうか

この捨てたものへの執着こそ

手放せれば

きっとこの心に

何か新しいものが

入ってくるんだ

 

ひらめいたような

なだめるような気持ちで

 

ないものは、もうない

 

と口に出して

クローゼットを閉めた

 

 

 

(c) 2017 あわやまり

2020/04/29

「夜の行進」

眠ろうと

目を閉じている

私の耳のそばを
小人たちが行進して行く

 

長い行列だ
ずっと歩いて行く

 

私が目を開けたり
声をかけてしまったら
消えてしまう

 

しばらく歩く音が続いた後
遠ざかって行くのと

同じくらいに
小さな声が聞こえた

 

いいなぁ
こんなふうに寝てるだけで
明日に行けるなんて
ぼくらは毎晩

歩いて

明日まで行くのに

 

 

 

 

(c) 2020 あわやまり

2020/04/18

「おじさんと肉まん」

夢のなかで

わたしのご先祖にあたるおじさんが

 

おじさん

中華街で歩きながら

肉まんをみっつも

食べたんだよお

と言って

がははと笑った

 

いいなあ

わたしも食べたいなあ

つられて

がははと笑う

 

夢のなかはときどき

とても自由で平和で

楽しげだ

 

 

(c) 2017 あわやまり

2020/04/16

「ベリッ」

後ろでベリっと言ったので

何かと思って立ち止まった

 

どうやら私の後ろではなく

背中

らしいので

見えない

 

おそらく

何かが剥がれたらしかった

でも

下を見ても何も落ちていないし

手で触っても何もない

 

ああ

なにもない

が剥がれたのかもしれない

なにもない

と自分を思い込んでいたことが

 

 

 

(c) 2020 あわやまり

2020/03/30

「とにかく」

どこまでがぼーっとで
どこからがぼんやりなんだろう

 

それはその前の息切れを
落ち着かせるためかもしれないし
その後にすることの
助走かもしれない

 

とにかくその
ぼーっとか
ぼんやりに

かなりの時間を費やしている
気がついたら
時が盗まれたのかと思うほど
時間は経っている

 

しかし

その時間がなければ
サクサク仕事を進められたし
やるべきことも全てこなせたのに
とは
思わない

 

その時間は
たぶん今のわたしにとって
必要な時間だ

 

 

 

(c) 2020 あわやまり

2020/03/14

「迷子」

電車で迷子の「こわがり」をみつける

困っているので

毛の色が濃い灰色になっている

私の前を行ったり来たり

降りようかどうしようか

うろうろしていて

かわいそうに思う

 

けれども私はすでに

「こわがり」を一匹連れているので

連れていく訳にもいかず

降りる駅で

なるべく迷子のこを見ないようにして

ぱっと降りた

 

私の「こわがり」がはぐれないように

かばんにつっこんで

 

 

 

(c) 2009 あわやまり

2020/03/07

「ある日」

まだまだ先のことかと思っていた

それは光って

忽然と現れたかのように思えた

こんなところに

まさか

いつも見ていたはずなのに

 

しかも二本も

それはけれどやはり

綺麗に輝いている

切って手にとると

不思議だ

見えなくなったかのように思える

 

透明のようで

黒々とした髪の毛に中にあると

すざまじい存在感を放つ

わたしの白髪

 

 

 

(c) 2016 あわやまり

詩集「線香花火のさきっぽ」より

2020/02/26

「忘れていたすき」

ずっとはいていなかった

スカートを出したら

そのプリーツから

ずっと前にすきだった人への

「すき」

がぽろんと落ちた

 

ひろって

窓を開けて

外に出してやる

 

もう飛べないのか

滑るように落ちて

とぼとぼと歩いて行った

 

 

 

(c) 2010 あわやまり

ページの先頭へ

ページの先頭へ